やまだ的ギフト選び☆!!

やまだ的には、断然、カタログギフト!!最近では引出物の王道とも言える商品になりました。

カタログギフトにはゲストが商品を自由に選べて自宅に届けてもらえる便利さが当日引出物としてお渡しするのは商品の載ったカタログのみ、ゲストには帰宅後に好きな商品を選んで、ハガキなどで申し込んでいただき、ご自宅にお届けするというシステムです。

引出物は「大きくて重いもの」がよい、というのが常識だった時代には、遠方から来るゲストはお持ち帰りが大変でした。しかし現在では、小さくて軽いものでもOK という感覚に変わっていますよね。カタログギフトはまさにそれがコンセプト。コンパクトで軽く、持ち帰りがラク、という発想が受けて急速に広まったのです。

また、大きな袋で重い品物を持ち帰って、いざ中身を開けたら、趣味の合わないものだったり、既に自宅にあるのと同じようなものだと、がっかりしてしまうというのが本音。だからこそ、贈る側も頭を悩ませるわけですが、カタログギフトの場合は、ゲスト自身が品物を選ぶので、引出物選びがラクになるというメリットもあります。

2,000円台~10,000円台まで、価格のラインナップも幅広いですが、カタログの価格の中には「システム料」などと呼ばれる発送等の手数料が含まれるため、実際の商品はそれを抜いた金額程度のものということになります。例えば、「カタログ4,000円、システム料500円を含む」とあったら、カタログには3,500円程度の商品が並んでいるということになります。予算の仕組みを知った上で価格帯を選ぶことも必要だと言えるでしょう。