結婚式は、新しい二人の門出をお祝いする素晴らしいイベントです。結婚をするカップルも、カップルの親族も、友人や知人もみんなでお祝いをする結婚式ですが、やはりこれはしてはダメですよという明確なマナーがあります。マナーを守らないと、結婚式にも統一感がなくなりますし、マナーを守らない人が目立ってしまって、せっかくのお祝いの席が台無しになってしまいますから、間違いなく新郎新婦や関係者だけではなく、招待された人にも迷惑をかけますので、当たり前のマナーをきちんと知っておく必要があります。

結婚式は招待する方もされる方も最大のおめかしをして、結婚式に参加しますが、そのおめかしにも招待されたほうがキチンと守らないといけないマナーがあります。特に、洋服と持ち物に焦点を当ててご説明をします。

白一色の衣装はダメ

結婚式に招待されたからといって、白一色の衣装はマナー違反です。それは白というカラーは花嫁のカラーだからです。結婚式のヒロインは花嫁ですから、ヒロインと同じような衣装はマナー違反となります。ただし、トップスやボトムのいずれか白と言うのはOKです。

黒の衣装もマナー違反

黒というカラーは、洋服に合わせやすいのですが、結婚式では黒は「喪」をイメージさせますので、お祝いごとではマナー違反です。ただ、全部が全部、マナー違反というわけではなくて、光沢やラメが入っているような衣装であれば、問題はないとされています。

平服でお越しくださいには注意が必要

結婚式の招待状に「平服でお越しください」ということが書かれていることがあるかと思います。これは「普段着」で来てもいいよということではありませんよ。これは「礼装」でなくてもいいですという意味で、準礼装でご参加くださいという意味に捉えてください。具体的には、昼間の時間でのパーティであれば、ワンピースやセミアフタヌーンドレス、夜であれば、やや華やかなカクテルドレスなどです。

持ち物のマナーについて

持ち物のマナーについても、まずは新婦よりも目立ってはいけないというのが基本です。結婚式に参加する場合には、基本的には準礼装が良いでしょう。準礼装での持ち物としては昼と夜とでは違います。

昼の場合

バッグ:ドレッシーなもの
アクセサリー:パールなど光らないもの
靴:革製や布製のパンプス

夜の場合

バッグ:光沢のあるシルクで小型のもの
アクセサリー:光るゴージャスなもの
靴:ドレスやバッグに合わせたパンプス
などです。