やまだ的しきたり&マナー☆

結婚にはいろいろなしきたりやマナーが存在するものですよね!
やまだ的に大切だと思っている事前準備をご紹介します!!
なんといっても。。。。親への挨拶!!!
やまだ的おすすめはコチラ!

おとなしめファッションで謙虚さをアピール

印象をなるべくよくするために服装も上手く利用して第一印象はどのくらいで決まるかご存知ですか? やまだ調査によると、メラビアンという心理学者の説によれば、たったの6秒で決まるといわれているんですよ。

そして、見た目などの視覚情報が55%、口調などの聴覚情報が38%、話の内容などの言語情報が7%の影響を及ぼすというのです。そう、見た目は第一印象の半分以上の割合を占めるわけです。

6秒では「はじめまして、○○と申します」と言うくらいが精一杯ですから、見た目をきっちり相手受けのいいものにしていくのが、印象をよくする最も手っ取り早い方法なのです。

服装

服装は、親世代がよしとする感覚で選ぶのが間違いない選び方。例えば、清楚なイメージのワンピース、膝の出ない長さのスカートなど。胸元や体のラインが出すぎないことも重要です。色は、キツいものより、やわらかいものの方が、よりおしとやかに見えますね。

メイク

メイクはイマドキ過ぎないように注意が必要です。ほんの10歳違っても感覚が違うのですから、洋服よりも慎重にしたほうがいいかもしれません。太いアイライン、ボリュームたっぷりの付けまつげやエクステは、ビックリされる可能性もあるのでホドホドに。また、長いネイルや派手なネイルアートは、避けるに越したことはありません。

ヘアスタイル

最近よく見る、後れ毛を生かしたスタイル。これは、だらしないヘアスタイルと見られる恐れがあります。挨拶はフォーマルな席と考えて、きちんと感を大切に。

確固たる個性を持つ女性はステキです。しかし、「いつもの私を見て!」というだけでは、残念ながら世代の違うママにとっては、ステキとは思われない結果になってしまうかも。

「おしゃれ」「身だしなみ」という言葉がありますが、おしゃれは自分のために、身だしなみは相手のためにするものです。結婚の挨拶のときは、相手、つまり彼ママが気分よくなる服装、つまり身だしなみを整えることを心掛けるのがいいのですね。